個人的にプレイしたPCゲームの、個人的な批評
page top
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
Quake QuakeII 
Quake

Quakeはシェアウェア版以外ほぼ購入不可であったため(2005年当時)、手をつけられる機会が無かったと思いきや、最近eQuakeとかいうFuhQuakeというパッチを当てたQuakeが無料で出て来たのでそれをプレイ。ほぼ・・・というか全く製品版と変わらない、グラフィックをアップデートさせたQuakeである。
プレイした感想は、DOOMとは違いマウス仕様のフルポリゴンFPSであったため、DOOMで経験した“酔い”というのが吹っ飛び、かなり戦闘に集中出来た。武器も使ってて面白い。デフォルトがショットガンなので、最初からかなり余裕で戦えたのと、大量の武器・弾薬、回復アイテムがあったので豪快に戦うことが出来た。ただ、DOOMとは違い特別派手な武器というのは無かったが。Lightninggunも強いが派手ではないし。
DOOM同様シークレットも存在し、飽きが来なく、最後までプレイしコンプリートしてしまった。ただ、最後のボスの倒し方はどうかと^^;

今ではかなり古いが、十分オススメ出来る作品である。

Quake II

Quakeが楽しかったので、Quake IIを購入。Quake IIに関しては、Quake II Maxなどのソフトを導入しないと、Open GLでのレンダリング機能が出来ないのでそれを使ってプレイ。
今まで銃の位置が中央だったのが、右から銃が出ている仕様に変更された。個人的にはそっちの方がしっくりきたが。
Quake同様、わらわら出てくる敵を片っ端からやっつけていくのだが、結構タフな敵が多い。特にRailgunを撃ってくる奴はタフな上、攻撃力も高いので倒しにくい。後はイカルスとかいう敵が浮遊しながら攻撃を仕掛けてくるのが結構ウザい。しかも拡張パックではEnergy Shield張ったバージョンまで出てくるし。まあ、そのかわり自分が持っている武器もそれなりに強力になってるのだが。
個人的に、Hyper Blasterは使えない。なぜなら弾がBFG10000とEnergy Shieldと共有するからだ。しかもエフェクトも大して面白くない。逆に頻繁に使った武器といえば、Railgunだ。あれは面白い。青色の螺旋光線が瞬間的に敵に着弾するのは圧巻。
最後のボスはBFGを撃ってきたり、変形したりと楽しませてくれた。ただ、本編と拡張パック第一弾とボスが被るのはどうかと。第二弾は全くの別物であったが。
ちなみに第一弾の新武器で、音もエフェクトもネイルガンっぽいものがあったんだが、弾があまり手に入らないのと、攻撃も大して強くないのであまり使えなかった(´Д`;
Ripperとかいう武器は派手で面白かったんだが。
第二弾はPlasma Beamとかいう、QuakeのLightninggunを思い出させるような武器が登場したのだが、やはりBFGとShieldと弾を共有するのであまり使えなかった・・・。
後にQuake IVのDVDパッケージに、拡張パック2種類を同梱したQuake IIのDVD版が収録された。ただし、オリジナルに収録されている曲は著作権の関係で収録されてはいないが。
スポンサーサイト
スポンサーサイト
page top
DOOM95 
これは製品版で初めてやったFPSである(無料のFPSはほかにあるが)。当時は2001年で、しかも無料のFPSの方がレンダリング的に上であったので、若干見劣りはした。しかし、jDOOMとかいうグラフィックをアップデートするファイルがあったため、それを適用させてプレイしたときはかなり改善された。
当時は対モンスターFPSというのをやったことが無かったので(無料で配られてたFPSはスポーツ系統)、ある意味新鮮に感じられた。自分より遥かに弱い敵がわらわらと襲ってくるのは圧巻。しかも色々な仕掛けなどがあり、例えばあるスイッチを入力すると、シークレットに続く道が開くとか、隠し扉を開けば、今まで見ていた行けない場所に行けるように鳴るとか、それも新鮮さに一役買った。
しかし、スポーツ系のFPSとは違い、移動すると上下に大きく揺れるので酔うこともしばしば。そのお陰で今でもクリアは出来ていない。



copyright © pC GaMe rEViEw all rights reserved.
Powered by FC2ブログ
custamize&material by
http://flaw.blog80.fc2.com


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。