個人的にプレイしたPCゲームの、個人的な批評
page top
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
Oni 
最近更新してない理由は、Counter Strikeに没頭してるのと、GBAのゲームを買いあさってプレーしているので、あんまりPCゲーをやってないからなんですね(´Д`)=3

Oniは買ったはいいものの、殆ど手をつけてません←(゚Д゚)オイ!
なのであんまし進めてないけど、大まかに紹介。

ストーリー的には、いつもの勧善懲悪らしく、特殊部隊の主人公Konoko(どうやら東洋人)が悪の組織を壊滅させていくというもの。
Sinatamaというロボットの女性が常にInfolinkでKonokoの見ている場面を監視しており、随時指導してくれる。
Konokoは格闘技を得意とし、また銃の扱いにも長けており、その場の状況において戦闘のパターンを変えることが出来る。また、進めていくと新しい格闘技を覚えたりして成長していく。

このゲームの最大のウリは、なんといってもジャパニメーションに影響されているところである。他にジャパニメーションに影響されているもので有名なものはShogoであるが、それを凌駕するほどの影響ぶりだ。
オープニングから派手なアニメシーンが流れ、キャラクターの挿絵やゲーム中のキャラクターのデザインもジャパニメーション。Shogoもそうなのだが、テクスチャの粗さゆえに若干抑えられてるか。それに対しこちらは書き込みが細かく、リアル性が高い。

ジャパニメーションの匂いがプンプン漂ってきます(´Д`;;)


また、日本の格闘ゲームみたく、コマンドで格闘技を繰り出すことが可能。基本はPPK若しくはKKK(P=パンチ、K=キック)による3連コンボなのだが、進んでいくうちに進行キーとP若しくはKを組み合わせて技を出せるようになる。
また、近い間合いで前後キーとPかKを組み合わせることで投げ技も可能。威力は高いものの、近づかなければいけないので危険度が高い。
ガードは、何もしないで突っ立てるか、しゃがんだままでいると勝手にガードしてくれる。ただし立ってる時に下段攻撃、しゃがんでいるときに上段攻撃を受けた場合はガードが効かない。特に敵はガードを崩して投げ技に繋いでくるので、その場その場で正確に対応しなくてはならない。

敵の会話シーン。右はDeus Exに似た奴がいたなぁ・・・。


武器
Pistol
基本武器。近~中距離にかけて使える。遠距離では即着弾しないので、動いている敵にはまず当たらない。威力はそこそこあるが、一発の威力が低いゆえに弾がある程度必要になり、弾切れが早い。
Sub Machinegun
Pistolと同じ弾を使うので威力は同じだが、連射が極端に早くなった代わりにかなりブレるようになった。ただし1マガジンの量はこっちの方が上。
Rocket Launcher
弾はPistolと同じだが、5発しか撃てない。撃つと超小型のロケットが敵を自動で狙って飛んでいく。敵が遠いほど追尾能力が増すが、あまりに遠すぎると狙わなくなる。
Super Ball Launcher
Pistolと同じ弾だが、3発しか撃てない。撃つと炸裂弾が弧を描いて飛び、着弾と同時に爆発する。爆発の範囲は広く、その上2~3回連続して爆発するので自爆に気をつける必要がある。
Plasma Rifle
エネルギー兵器。Energy Cellを使用してオレンジ色のエネルギー弾を飛ばす。連射性は若干Pistolに劣るものの、一発の威力が高く雑魚は一撃で倒せる。ただしあまり弾が手に入らないのと、Pistolよりも弾速が遅いので更に攻撃範囲が狭くなる。また近距離で撃つと自爆する。
Lightning Gun
Energy Cellを使用する電撃兵器。撃つと電撃が瞬間的に発生し、敵の動きを一時的に封じる。格闘技で敵を倒したい場合に重宝する武器。

このゲームではほぼ格闘技メインなので、武器は色の濃いものが多いものの、結局Jedi Knight IIみたく影が薄くなっている。まあ、まだほんの序盤なので見てない武器があるかもしれないけど。

このゲーム、格闘技メインゆえに弾が少ない。だからガード不可能な必殺技を持っている敵に対して、遠くから始末するということが難しい。まあ、後退キーをタップして素早く逃げられるんだけど、咄嗟の入力は厳しい。また、入力が速すぎたり押しすぎたりすると、エラー音が出て入力が効かなくなってしまうorz
中盤あたりから上記の問題点が顕著になり、放置気味・・・。
Counter StrikeやGBAのゲームに没頭してしまっている。
クリアはいつになることやら・・・(´Д`;)
スポンサーサイト
スポンサーサイト
page top
Red Faction 
rf01.jpg


以前やったんだけど、鬼のような難易度でしかもHP/アーマーが少ない状態でセーブしてしまったのでそのまま放置。Oniも残ってるのにこっちを先に進めるとは・・・。まあクリアしたから書きます。

いやあ、このゲーム・・・実に難しい!
Unrealみたいなパズル要素が難しいわけではなくて、敵の攻撃が激しい。ちょこまかと動くくせにやたら命中させてくるし!
ショットガンやロケットランチャーを使ってくる敵は殆ど脅威に感じないが、アサルトライフルやエネルギーライフル、特にレールドライバー(レールガンみたいな武器)使ってくる奴は恐ろしく強い。レールドライバーは壁を貫通するので、見えないところから攻撃してくるというのもある。

rf02.jpg


パズルは簡単なのだが、敵の猛攻と特定の箇所での時間制限が難しくしている。敵の猛攻に反比例して時間がシビアになっているのでキツい(´Д`;)
あと入り組んでるところも多く、敵のゲリラ的戦法にも相当苦しめられた・・・。

rf03.jpg


いくつかの場面でステルス行動を強制されるが、こちらは相当簡単な部類。見えてるのに全く気づかれない。それ以外のときは超反応で襲ってくるのに。ただし一度気づかれたり、殺したりした場合は、敵は全員警戒態勢になり、NOLF以上に恐ろしいことに・・・。NOLFは気づかれたりしても、見つからないように隠れていればちょっとは収まるんだけど・・・。

rf04.jpg


このゲームでは、壁などに穴を開けたりするGeo Modというものがある。これを使って壁を破壊して、部屋の中のスイッチを押したり敵に攻撃したりするんだが、これを使うシチュエーションが少なすぎるし、爆薬もそう手に入らないのであまり生かされてないような気がする。掘削機も壊れるし。
こういう機能は、GTAみたいなクライムゲームにくっつけてくれりゃあ、街の破壊とか出来て相当生かされると思うんだが。

rf05.jpg


ビークルに乗れるのは大いに楽しい!(´∀`)
掘削機や潜水艇、戦闘機やジープにAPCなど多彩な乗り物があって実に面白い。これらを使えば、今まで手古摺らせて来た敵共をまるでゴミのように葬り去ることが可能だ。生身だと鬼だった敵戦闘機やロボットも雑魚になるし。
耐久力もあるから遊びまわっていられるんだが、地を這うビークルは敵の攻撃を受けると上下逆さまになるからややこしい。

rf06.jpg


総評

ほぼ対人FPSだが、ビークルがあって面白いのは確か。ただし敵の動きが人間離れしてるのと、Geo Modが生かされてないのはちょっと問題。まあ、敵が単体であれば、確実にヒットさせ続ければ敵は反撃、退避の繰り返しで死んでいくので楽なのだが。

あと、敵の攻撃が高いゆえにいくら回復薬やアーマーがあってもすぐに減ってしまうので、アーマーはSystem Shockみたいな恒久的、回復薬は持ち運び可にしてほしかった(それだとカンタンになっちゃうか・・・)。
page top
白装束のやたらタフな敵がわらわらいて、今までみたく豪快に突っ込んでいくのは危険。遠くからAKや狙撃銃、狙撃グレネードランチャー?で次々と倒していく必要がある。

空中に浮く不思議な武器(グレネードランチャーとAK47が合体した?)


村に辿り着くと、スコットランドの男が待っていたのか不意打ち食らって気絶・・・。

気がつくと、敵の夫人とスコットランドの男が立っており、その後男とタイマン勝負になる。理由はCateがあらゆる侮辱的発言を男に浴びせ、タイマン勝負をして勝ったら牢屋から出してもらうという、いかにもわざとらしい嗾けぶり(´Д`;)

タイマンで負かしたところ。敵はダイナマイトを投げてくるので卑怯者!(しかも爆風ダメージも受けないらしーし)


負かした後もアイテムを持ってないので、ステルスで移動しながら倉庫にあるアイテムを取り、道なりに進んで抜け出す。その後、仲間の支援で敵のテリトリー襲撃!

敵の基地を襲撃!


敵のテリトリー襲撃後、Cateはまだテリトリー内にいるので脱出しなきゃならない。しかし敵は襲撃を受けたがまだ戦力は相当あるので油断は禁物。
また、女性3人組(ボス)がいて、こいつらは相当タフな上、ドラグノフ狙撃銃で攻撃してくるので大変危険。手榴弾も投げてくるし・・・。

チャーリーズエンジェル?最後の一人。こいつらやたらタフです(^^;)


最後はロープウェーを使って脱出するのだが、ヘリコプターが何台も押し寄せて攻撃してくるわ、ボロコフに出くわしてタイマン勝負になるわでキツ過ぎ・・・しかもボロコフとの勝負の際には武器が無く、砕ける道を進んだあたりにアーマーとリボルバーがあるのでそれを取らなくてはならず、しかも敵はAK47を使ってくるので難しい。

その後婦人が自爆装置を抱えた状態でCateに勝負を挑み、無残に殺される羽目に・・・。それだけならまだしも、村の住人を全員避難させなくてはならないらしく、最初は知らずに相当詰まってました・・・(^^;)

全ての任務を負え、Brunoの墓に報告に行くと、そこには殺されたはずのプレスリーが!
どうやらコイツはボロコフと金で結託し、Cateの機関にスパイとして進入していたらしい。こいつはCateを始末しに来たらしいのでこちらも応戦。武器は同じリボルバーなのだが、向こうはAcid Tlip弾を使ってくるので厄介。当たると幻覚が現れ、照準が閉じなくなり、周りが歪むので。不謹慎ながらも墓石に身を隠しながら5発連発で撃って隠れてを繰り返して倒す必要がある。

ようやく倒すと、こいつはCateに留めの一発を撃たれ墓穴にドボン・・・。

Brunoは実は生きていた!(゜o゜;;)


そこへ死んだと思っていたBrunoが登場。Brunoは敵の警戒を逃れるため、ボロコフに撃たれて自分が死んだととうことを敵に知らしめ、水面下でシークレットミッションを遂行していたらしい。また、パペット人形もどうやら彼が演じていたらしい。当然死んだと思っていたCateは激怒。上司に落ち着くよう促される。

ここでエンドロールが出てくるのだが、まだおまけでミッションが出てきた。これはどうやらCateがバカンスへ行くミッションらしい(GOTYEのおまけかな?)。

Cateがバカンスを楽しんでいると、猿がどこからか潜入してCateの銃を奪って乱射し、そのまま逃げるところから始まる。Cateは猿を追いかける羽目に・・・。

追いかけてみると、何やら壊滅したはずのH.A.R.Mの戦闘員がいる!どうやらまたミッションの始まりらしい。

工作員を始末していき、岩の落下や溶岩地帯を潜り抜け、遺跡に占潜入してまた敵を倒していく始末。敵はここからPhos弾を多用してくるので、HPに及ぶダメージを与えてくるので厄介・・・。

バカンスを楽しんでたのに、こんな不幸に巻き込まれるとは・・・。


爆破装置を付けると、残り4分以内に脱出しなければいけないらしく、Cateはバカンスを楽しむどころか、災難に遭いまくりの状態でなんとか脱出・・・。

ラストは砂浜で気絶していたところを猿に起こされて終了。


総評

ロケーションが多彩で非常に面白い。Soldier of FortuneやSystem Shock2を融合させたような場所、また空中や海底などの異彩なロケーションもあり飽きさせない。ステルスや突撃のシチュエーションも多彩で、ビークルに乗れるのも面白い。ストーリーも映画を見ているような感じで、まるで映画の世界に入ったような感覚を味わえる。これはHλLF-LIFEよりもその印象が強いようにも思える。敵のやられ方や会話、歩き方にコミカルな雰囲気があるからだ。ムービーシーンがところどころに散りばめられてるのもそれに一役買っている。

2はどちらかと言えばシューター寄りだが、こちらはアイテムやシチュエーションのコミカルさから、一連を通して不思議なFPSだった。
page top
ブログの不具合で記事が消えやがった!書き直しムカツク!!(`Д´)


遺跡みたいな場所で狙撃手の猛攻を抜けた後、ロケット打ち上げを阻止する。
よく分からんが、多分核弾頭だと思う。

その後宇宙服を奪い、抗生物質を得るため宇宙へと旅立つ。

さあ、無限の彼方へ・・・


宇宙船内はまるでSystem Shock2みたいな雰囲気だ。どこまでも続くメタリックな壁、天井、床、オブジェクト。バーや植物園、研究室などもあり更に思い出させる。

宇宙船内の植物園から見た地球。地球は青かった・・・


とある研究室内でレーザー銃を手に入れました。これは当てると一撃で敵が消滅します(^∀^)
しかも500発まであるので撃ちまくれるのもイイ!
ただ、連射が効かないので、複数の敵と遭遇した場合は結構戦闘がキツい・・・。

その後メテオストライクが降り注ぐ橋を通り抜け、抗生物質のある部屋に行き、そこで抗生物質を手に入れるのだが、エレベータが壊れて元の場所に戻れなくなるイベントが発生。
ここで本来ならば、壊れたエレベータの屋根に上り、梁を上っていって宇宙船の脱出ポッドに向かわきゃいけないのだが、バグが発生してエレベータの屋根に上れない状態になってしまって暫く詰まった(当初はバグだと気づかず、仕様だと思って粘ってた・・・。)

このゲーム振り返ってみるとバグが多い。とあるエレベータに乗った際、突然ワープして屋根の上に立ってしまい、出られなくなることがあった。
更に、全体的にも言える事だが、時間のカウントダウンもおかしい。全体的に残り数十秒になると、そこでミッション失敗になってしまうのだ。

とりあえずやり直して、なんとか脱出に成功。


今度は雪景色が舞台の町に辿り着いた。ここはどちらかと言えばステルスが要求される場所だ。まあ、殺してもいいんだけど(´∀`;)

Daikatanaのノルウェーに似た雰囲気の町並み。


中盤から強制ステルスになり、敵を殺す場所なども限られてくる。カメラに見つからないように殺さなくてはならない(殺傷系で進むのなら)。
page top
沈没寸前の船の中。


lotdさえも強制的に終わらせ、今こっちの方を進めてます(藁
このNOLF、以前ちょっとした理由で先にやってしまったNOLF2と比べ、かなり異彩を放ってるゲームです。例えるなら、Half-LifeとDeus Exを足して2で割ったような感じ?
従来の対人シューティング要素に加え、ブレの概念、インベントリのカスタマイズ、強制ステルス、アドベンチャー形式の台詞選び型の対話など、内容はバラエティに富んでいます。

何だこいつは!?( ゚д゚)


ストーリー的には、旧ソヴィエト連邦の裏情報を、イギリスのスパイであるCate Archerが様々な場所に潜入して掴んでいくというもの。舞台が60年代なだけに、冷戦下の雰囲気がプンプン匂ってきます(´∀`;)
主人公、Kateのコスチュームから街の雰囲気、はたまた敵やNPCの格好やリアクションからも時代を感じさせます。

インタビュー中。8つも質問するのでやたら時間が掛かる・・・。


舞台はモロッコから始まり、東ドイツのベルリン、空中、海底、日本、列車内など広範囲にわたって描かれています(現時点での到達点)。
ゲーム内では強制的にステルスを強いられるシチュエーションが多々ありますが、やはりどちらかといえば全体的にステルスをしない方が断然有利です。ステルスを通していけば、敵を倒さないゆえに監視カメラに死体を見つけられることは無いのでそれはそれで有利なんですが、敵の気づく反応速度が早く、また一度気づかれたら警戒態勢をとるのでかなり難しいです。

やっと辿り着いた日本庭園( ̄ー ̄)


武器はピストル、サブマシンガン、AK-47、スコープマウントライフル、それと各ガス系統のものがあります。

9mm弾を使用する武器が多く、ハンドガン2丁にサブマシンガン2丁はこの弾を共有します。また弾も種類が豊富で、通常のFMJ弾の他にダムダム弾(アーマー関係なくHPにダメージを与えてくる)、火炎弾(当たると一定時間徐々に体力が削られる)などがあり、使い分けが出来て面白いです。
38口径の弾はリボルバーのみ扱えます。リボルバーは9mm系統の武器よりも一発の威力は若干高いのですが、連射が効かないのと、6発でリロードになるのと、威力も若干高い程度で大差は無いのではっきりいって使えません。また38口径の弾にも色々と種類があり、同じくFMJ弾、ダムダム弾の他にAcid Tlip弾(当たると徐々に体力が削られ。幻覚が現れる)、HE弾(使ってないけど、おそらく爆発する弾)などがあります。

仲間がどうやらボロコフ?に捕まったらしい。


AK-47は非常に威力が高く、射程距離も長く、ブレにくいので非常に使いやすいのですが、音がでかいゆえにステルス行動では絶対使えません。後半からロシア兵がわらわら出てくるので弾も豊富に見つかります。

スナイパーライフルは最初から最後まで弾が無いので、あまり持つ必要がありません。遠くから狙って倒せるのは強みですが、AK-47がありますし、遠くから狙って倒さなきゃいけないほどキツい難易度でもありませんので(Normal)。

他にもグレネードランチャーがあるのですが、未だに使ってません(使うシチュエーションが無いので)。

このバイク、操作がとてつもなく難しいぞ(´Д`;)


ゲームでは後半からバイクが登場します。これはNOLF2でもスノーモービルとして出てきました。相変わらず操作性は悪いです。ハンドリングがかなりシビアなので・・・。速く移動できるのと、敵をひき殺すことが出来るのは強みですが、敵を轢き殺そうとすると当然返り討ちに遭います( ̄ー ̄;)
なので敵に遭遇した場合は、降りて先に片を付け、それから進むという行動が望ましいです。

この科学者のおっさん、何かと敵に捕まりすぎww


登場人物も一人一人個性が立っており、非常に濃いキャラクターが多いです。主人公の他に上司のBruto、敵で眼帯を付けてるBolokov、スコットランド出身らしいおっさんにオペラ歌手らしい女、プレスリーのような同僚の男。敵やNPCも個性が立っており、動きや喋り方に妙なクセが見られます(まあ、訛りも考慮してそうしてるのかもしれないけど)。



copyright © pC GaMe rEViEw all rights reserved.
Powered by FC2ブログ
custamize&material by
http://flaw.blog80.fc2.com


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。