個人的にプレイしたPCゲームの、個人的な批評
page top
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
Command & Conquer Renegade 
立体表示される装置。Deux Exではお馴染み。

随分前に買って、ミッションに行き詰まり放置していたこれ。でも勿体無いので最近またやり始めました。
ヒロインのシドニーさん。毎回拉致されます(^^;

このゲームはFPSに分類されるのは確かだが、一応前作の常連さんのためにTPSにも出来るようになっている。尤も、前作の仕様のRTSではないけど。
スナイパーライフル。後半になるにつれ使わなくなるのが残念・・・。

このゲームの特徴は、マップが広大なことと、様々なデザインのビークルが登場することだ。マップが凄まじく広く、敵がどこから攻撃してきたのか分からなくなることがしばしば。ミッションに関するオブジェクトも、何百メートル先ということもざらではないので、建物内で迷った際はもう大変。巨大な迷路の中を縦横無尽に駆け回って探さなければならない。
ビークルは小型の機関銃付きのものから、小型、中型、大型戦車など様々。当然、機動性や耐久性は見た目どおりである。マップが広いゆえに出来るシステムである。
おそらく最強の銃、Laser Chain Gun。威力、レンジ、連射力共に強力で、尚且つ炎による追加ダメージも与えられる。抵抗力のある敵もいないしね。

ゲームとしては、オブジェクトを破壊したり、出てくる敵を殺したり、仲間をエスコートしたりと様々。ただし仲間のエスコートの場合、仲間は馬鹿なので敵陣に突っ込んでいって蜂の巣にされることが多いのでストレスが溜まる。オブジェクトの破壊に関しては、建物内のコンピュータを破壊すれば成功なのだが、イオンビーコンで建物ごと破壊するという方法でも可能。自分は使わなかったけど。
筋肉バカのボス。主人公を掴んで投げたり、敵兵士を掴んでこちらに投げてきたりする低脳のクズ。

武器にはTiberiumという放射性物質を使ったものが3点存在するが、抵抗力のある敵が多すぎるゆえに使えない。抵抗力どころか、食らうと敵は回復してしまう。通常の敵には追加ダメージが大きいので非常に強力なのだが。また逆にLaser系統の武器はあまりに使えすぎて弾がすぐになくなってしまう。なので自粛することもしばしば。他の武器は特に特筆するほどでもない。他のFPSと同じような仕様なので。
Tiberiumを使った銃は、追加ダメージは大きいものの抵抗力のある敵が多いゆえにあまり使えない。

このゲームは、初期と終盤で極端に難易度が変わる。その変わりようは物凄く、初期はアサルトライフルで次々に薙ぎ倒して行けたのが、終盤では敵のLaser系統の武器やロケットランチャー、Tiberium Assault Rifleの嵐に時折逃げなければならなくなることも。固定砲台も赤い強力なビームに置き換わってるし。特にラスボスとの勝負は、周りにこれでもかと敵を詰め込んだような状態の部屋で戦わなくてはならず、引っ掛かったりしたら瞬殺されるのでこれもストレスに貢献している。
また照準を合わせる際、照準の色が赤色に変更されなければ上手くエイミングをしてないことになり、結果どんなに撃っても当たらない。まと連射系統の武器は照準の色が変更されていても、弾が自動的にバラけるので当てづらい。このシステムも非常にシビアなのでストレスが溜まる・・・。まあ、爆発系統の武器は、多少照準がずれててもダメージは一応与えられるけど。
シドニーさんが捕まっていた診療台(笑 持ってる銃はQuakeシリーズのライトニングガンみたいな武器でそこそこ強い。


総評
単にアクションゲームとして見ればそこそこの出来。FPSとして見るならあまり出来はよくないと思う。当ててる感も掴みにくいし、起動に重みがない。武器もエフェクトやデザインは面白いけど、結局当てる面白さが無いし。
似てると感じたのがUnreal IIで、どちらかといえばこちらの方が面白いような気がする。パッチ当てればマルチプレイでビークルも乗れるし。
今はThe First Decadeという前作も含めた廉価版が出てるので、前作と一緒にプレーしたいのならそちらがお勧めです。
スポンサーサイト
スポンサーサイト
page top
Return to Castle Wolfenstein 
エンジニア。これさえあれば何でも出来る(笑


かなり昔に買って、ハードの不調により暫く放置してたこの作品なんですが、最近また始めました。

舞台は第二次世界大戦?のドイツのウルフェンシュタイン城で、そこで捕虜になった主人公が脱出し、ナチスの黒魔術の研究や人体改造実験の秘密について調査するという内容。なので対人FPSというジャンルに統合するのが普通ですが・・・。

やはり1992年ごろに発売されたオリジナルのWolfenstein3Dのリメイクだけあって、出てくる敵はナチスの弱小兵士や上級兵士、改造された人間やゾンビなど多岐に渡ってます。彼らはステータスも違ければ攻撃方法も違うので、その場その場で使う武器を考えなければならない。
CSのde_dust2マップみたいな場所。

プレーヤーの武器は殆どが現実的な武器で、ピストル2丁(中には2丁拳銃可のものもある)、サブマシンガン3丁、スナイパーライフル2丁、アサルトライフル1丁、パイプ爆弾、手榴弾、火炎放射器、パンツァーファウスト(ロケットランチャー)、火炎瓶などがあるが、中には超高速で回転するVenom(ガトリングガン)や電撃を放つTesla Gunなど非現実的なものがある。これは近未来化学を研究してたという憶測から、このような想像上の武器が出てくる。

戦闘はCounter Strikeと似たようなものになっている。フルオートで連射すると弾が変な方向にばらけたり、しゃがんで撃つと補正が効いたり、ヘッドショットで大ダメージが与えられたり(これはモンスター相手にも通用する)。しかしCSよりは当たり前だがシビアではない。確かに集団の敵と戦うとなると大ダメージを受けるが、リコイルもさほど酷くも無く、ジャンプしながら撃ったってCS程ブレるわけでもない。また自分自身はヘッドショットの概念が無いので、瞬間的に殺されるというのは無い。

しかし逆にCSよりも不利な点はある。例えばサイレンサー付サブマシンガンやVenomなどは撃ち続けるとヒートアップして撃てなくなったり、スナイパーライフルはスコープを安定させるのに、しゃがんでもかなりの時間が掛かる。CSはしゃがんでスコープを覗けばすぐに安定するのに。

ボスなどの概念もあり、幽霊を飛ばしてくるものや、強固な鎧を身に纏ってTesla GunやVenomやパンツァーファウストを放ってくるものや、剣を振りかざしながら多彩な魔法を使ってくるゾンビなど、どちらかといえば対モンスター系の敵が多い。まあ、武器もマシンガン系が多いことから、両方の系統に対応してるというのは考えられなくも無いが。
ちなみに、一番楽に倒せたのは最後面のボスでした(^^;;)

総評
シングルプレーのみの評価としては、並の出来。そこそこ面白かったが(シークレット探しとか)全体的に似てるNOLFやCS、HλLF-LIFEに比べると劣等感が否めない。グラフィックはいいと思うんだけどね。場面場面で手に入る弾が限られてくるので、使う武器もその場面場面で相対的に決めさせられるのがちょっと。その対策として弾の共有の概念が設けられているのだが。
またパンツァーファウストを、Quake 3 Arenaみたく移動しながら発射して何のデメリットも無いのが残念。せめて安定しないとかの調整を図ってもいいのでは?
サウンド面において、Q3Aの使い回しは止めて欲しい。主人公の落下ダメージの声とか、水の上を歩く音とか一緒。



copyright © pC GaMe rEViEw all rights reserved.
Powered by FC2ブログ
custamize&material by
http://flaw.blog80.fc2.com


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。