個人的にプレイしたPCゲームの、個人的な批評
page top
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
Grand Theft Auto 
このタイトル、日本でも悪い意味で有名だ。
その残虐描写から敵視され、少年犯罪とかこつけたりするもんだから、様々な県で有害図書に指定され、売買の制限をされているほどだ。
海外ではIII以降からヒットし、今では家庭用ハード対応ソフトのキラータイトル的な存在であるこれ。その自由度の異常なまでの高さ(人殺したり、車強奪したり、乗り物で街を自由自在にドライブしたりなど)、車に乗っている最中に流れるラジオで流される曲の選曲の良さなどが人気の大きな要素だ。今ではGTA IVのタイトルさえある状況だ。

自分が初めてGTAを知ったのは、ある雑誌に紹介されてた無料ゲームの記事において、初代PC版のGTAが無料で配布されているという内容からであった。その時はGTAのゲーム内容云々は知らず、見下ろし型街育成シミュレーションかと思ったぐらいである。なのであまり期待はしていなかったが、実際やってみるとこれまたはまってしまい、しまいには解説サイトをプリントして自分で攻略本を作ってしまうぐらいはまってしまった。何か並んで歩く人を全員ひき殺せばボーナス、ミッションを片付ければ貰える報酬の倍率がアップ、火炎放射器で人を焼き殺していけば10倍のボーナスなど、ちまちましていながらもその残虐ぶりは恐ろしいほど自分の中ではまっていた。

なので早速GTA IIIを購入。
GTA III以降のシリーズは街全体が3D化されており、かなりリアルだ。こちらは金を稼いで次の街へ行くというシステムではなく、ある程度ミッションを進めれば次の街へいけるというシステムらしい。また、自動車なども当然3Dで、それらを自由に奪え自由に運転できるのは正直驚いた。何せ今まで2Dの見下ろし型でそれをやっていたもんだから、正直3Dになるとここまで自由には動かせないんじゃないかと思ってたぐらいであるので。
またラジオで流れる選曲がいい。個人的にはFlashback FMしか聞いてないが(多分ポピュラー系)、その他にもクラシックやロックなどを扱っている局もある。
秘密パッケージを集めれば、自分の寝床に強力な武器が配備され、それが人殺しの面白さに拍車を掛ける(^^;;
ロケットランチャーで一撃でヘリや車を破壊できたり(ヘリには正直苦戦したので、あっけなく倒せたのはアレだが)、火炎放射器で幾人もの人を焼き殺したり、強力すぎるM16で頭を吹き飛ばして行ったりと、まさに殺伐づくしなのである。
ただ単に街をドライブするのもいい。ミッションをやり続けるのに行き詰ったり、街の外観を覚えるため、はたまたただドライブしたいというだけでもいい。3Dの広いマップを走り回るのは正直楽しい。ミッションは別にやりたいときにやれるというシステムがストレスを溜めさせないようになっている。
ただ、AK-47よりM16の方が強いというのはどうかと・・・。

続いてGTA Vice Cityも発売されたのでそれも購入。
こちらは基本システムはあまりIIIと変わらないものの、舞台は南国のマイアミの雰囲気を漂わせるような街に変わり、武器は同種類のものは一つしか装備できないようになり(それはそれでまとまってていいが)、最大の特徴はなんと言ってもバイクやヘリ、飛行艇に乗れることだ。特にバイクは爽快感があり、マップは前作に比べ狭いものの、走ってるときはIIIよりも格段に楽しい。また前作は操作しづらいDodoという飛行機でしか空を飛べなかったが、こちらはヘリなので滑走路を走ったりしなくても簡単に飛べるのだ。よってIIIよりも行きたい場所に簡単に行きやすくなったということだ(ただし、高度制限はあるが)。
このゲームでは強力な武器、Minigunがある。これは6本の長い銃身を備え、7.62×51mm弾を秒間20発で連射するのだが、これの威力が強すぎる。狙った場所に正確に着弾し、人間ならば一発で死んでしまうからである。またロケットランチャーには及ばないものの、ヘリにも十分対応でき、即着弾するので逃げる敵の車をすぐに破壊することも可能だ。普通の人間であれば、この武器は持ち運んで使うなどということは出来ないはずなのだが、それをゲーム内だが使わせている雰囲気を出してるので、爽快感がある。またあるヘリにはガトリングガンが搭載され、上から敵目掛けて攻撃できたりもする。勿論IIIでも登場する戦車は強力で、暴れた後向かってくる警察車両を次々に破壊していくのは圧巻。
またドライブしてても気持ちいい。以前は普通のダウンタウンみたいな風景だったのだが、こちらは南国のすがすがしい雰囲気を十分味わえるので、バラード系のラジオEmotion98.3を掛けながら走り回るのもまた醍醐味。特に夕日は綺麗で、走ってて実に楽しい。

続編のGTA San Andreasはまだ購入をしていないが、近々購入する予定だ。こちらは更に泳げたり、格闘技を習得したり、壁をよじ登ったりすることが出来るらしいのでさらに楽しそうだ。
スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL




copyright © pC GaMe rEViEw all rights reserved.
Powered by FC2ブログ
custamize&material by
http://flaw.blog80.fc2.com


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。