個人的にプレイしたPCゲームの、個人的な批評
page top
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
とある日本語サイトでボロクソに批評されていたこのFPS。2003年に発売された、Lithtech 2.0エンジンを使ったミリタリーFPSである。ライセンスの安いor安くなったエンジンを使って、なるべく低価格で販売する会社が出したものなので、期待するのは禁物。あくまで暇つぶしになる程度用に作られたものである。個人的に買う意欲は全く無いので、デモをプレー(時間制限内であれば製品版と同等のプレーが可能)。

内容は、所謂「悪の枢軸」にプレイヤーのあなたが潜入し、敵を全滅させていくというもの。ロケーションはイラク共和国から始まり、朝鮮民主主義人民共和国やパキスタン・イスラム共和国を巡って大量破壊兵器(Weapons of Mass Destruction)を見つけ出すのが目的だ。

ゲームシステムとしてはアクション寄りで、動くと照準が広がるとかそういう概念は無い。ただ敵を見つけ次第殺していけばいいのだ。また弾や治療キットは敵からは回収できず、テーブルの上などに置かれている。

ミッションは、ある地点に到達すれば一部が完了という方式を取っており、そこで自動的にセーブをされる仕組みだ。ちなみにセーブはいつでも可能で、制限は無い。

個人的にプレーはイラクのみしかできなかった。何せ時間制限が短いので(1時間)。

感想

上記の日本語サイトで述べられてたとおり、敵が馬鹿でこちらに全然気づかず、一方的にどんどん殺していける。ただ突っ立っているのみで、こちらが目立つように現れなければ絶対に気づかない。また、ある程度撃った後逃げるのだが、逃げた後必ずどこかで何も起こってないかのような雰囲気で突っ立ってることが多い。これには笑った^^;;

また、自分も有名なクリッピングエラーを体験できた。敵が天井から足を突き出して、その場で走ったり、自分をすり抜けて逃げたり(残念ながら壁抜けは見られなかった^^;)。

武器の強弱がはっきりしており、セカンダリ武器のピストルははっきり言って使い物にならない。当たりにくいし、弱いし、アサルトライフルでヘッドショット狙えるのに対してこちらは無理。全く存在意義が無いのだ。撃ったときの音もでかいし。
また、最初のアサルトライフルはどうやらM4なのだが、デザインが明らかにおかしい。IronSightに使う銃口の先端の部分の形が円い、銃身の部分がおかしい(M4の左手で持つところが、通常は途中で途切れててその先から銃身が出ているのだが、こちらは銃身全てが持つ部分でカバーされている)。SOCOM Pistolに関しては、まあまあの出来だと思う。

自分の他に仲間が一人配属される。その仲間はどうやら自分よりも階級が下なので、コマンドを使って色々と指示できる。これがまた使えず、Followなどにしておくと、一切攻撃をせずただのこのことついて来るだけで何もしない。ところがAttackなどにすれば、第6感が働くのか敵の居場所を建物内でもすぐに察知し、そちらに突撃していってあえなく撃沈されるのだ。なんかアサルトライフルで攻撃してるらしいのだが、敵には一切効いてないように見える。

自分の予測なのだが、このゲームは多分イラク戦争が勃発し、それに便乗して作られたものだと思う。つまり、今アメリカが戦っている敵国イラクや、核兵器を所持し、自分の国と敵対関係にある北朝鮮とパキスタンを徹底的に叩く内容であれば、アメリカ人の愛国心を擽り、僅かながらもヒットすると踏んだのだろう。
だが、ゲーム業界の厳しい判断は誤魔化せなかった。数々のゲームサイトで評価されているが、どこもいい点をつけているところは無い。やはり評価されるには、それなりにいい物を作らないと駄目だということだ。

ブームに便乗して駄作を放り込んでも、結局評価されず意味無いという教訓を教えられるゲーム。

個人的に10円以下なら買ってもいいかと。
スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL




copyright © pC GaMe rEViEw all rights reserved.
Powered by FC2ブログ
custamize&material by
http://flaw.blog80.fc2.com


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。