FC2ブログ
個人的にプレイしたPCゲームの、個人的な批評
page top
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
HλLF-LIFE 
他の記事でタイトルだけ出して、結局これのタイトル自体は何も書いてませんでした^^;
まあ、概要やシステムなんかは数々のサイトで書かれているので、個人的な感想を。

HLでお気に入りのBee Gun


最初このタイトルを見かけたのはDownload.comという海外の王手ダウンロードサイトで、ダウンロード数の上位を占めていたのがHL関連のファイルだったからである。
だがHL自体のデモ版などは何故か無く、拡張パックのOpposing Forceの単体動作デモがあったのでそれをDL。試しにやってみたものの、デモ自体ではあまり楽しめず(対モンスターFPSにもあまり慣れていなかったせいで)、暫く放置していた。
だが暫く立って、数々のサイトを巡回するようになり、このタイトルのその賞賛ぶりに圧倒され、廉価版を衝動購入^^;

まず電車の中から始まり、何やら実験のため部屋に案内され、それで失敗しモンスターが突如惑星Xenからテレポートして来ちゃった模様。それらモンスターの動きは、今までQuakeやQuake IIなどをやっていた自分にとってはまさに衝撃的であった。まるで本当に生きてるかのような、非常にリアルな動きをするのだ。
またサウンドが98年作とは到底思えないような、非常にクオリティが高い3Dサウンドで、この3Dサウンドで敵の居場所や自分がどのような場所を歩いているのか、また実験に失敗してそれを隠蔽しに来た兵士トランシーバーの音で居場所なども明確に分かるぐらいである。
また兵士が優秀で、隠れてピストルで撃ち続ける分には無反応なんだが、気づくと連携して攻撃を仕掛け、自分が隠れれば手榴弾を投げてくる。倒されれば手にある銃を落として崩れるように倒れる仕草をし、本当に人間が撃たれて死んだような感じなのだ。
ロケーションもすごい。研究所内や敷地内、地下鉄や下水道に断崖絶壁、はたまた惑星Xenなど様々なシチュエーションに富んでいる。特に惑星Xenとそれ以前の地球の風景のギャップは面白い。

そして何より凄いと思ったのが、これがQuake IIエンジンで作られていると言うこと。Quake IIにしては、銃の表現や敵の書き込みが細かく、またロケーションもバラエティに富んでいるので、最初はかなり疑ったぐらいだ。爆発のエフェクトも桁違いに改善されているし(Quake IIの方は単純すぎる)、銃を撃った感覚も全然違う。敵の動きやAIも相当改造されているようだ。

なので2000年にDeus Exが発売されるまでは、これがQuake IIIを抜いて一位であった。
今でも時折プレイしているが、面白さは全く引けを取らない。

HL2が今流通しているが、HL2をやる前にはまずこれをやってほしいと思う。グラフィックはかなり古臭く感じられるものの、絶対楽しめると思う秀作。
特異な武器のバーナクルガン

スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL




copyright © pC GaMe rEViEw all rights reserved.
Powered by FC2ブログ
custamize&material by
http://flaw.blog80.fc2.com


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。