FC2ブログ
個人的にプレイしたPCゲームの、個人的な批評
page top
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
イース ys 
少々海外ゲームから離れて、日本製のアクションRPGの話を。

自分が初めてプレーしたのは、フェルガナの誓いというやつで、友人から借りさせてもらってプレーした(よく分からないけど、どうやらイースはPC-98の頃からあったらしい)。
主人公は赤毛のアドルとかいう奴で(^^;)、そいつはHLのゴードン・フリーマンみたく一切台詞が無い。なんか世界を又にかけて大きい奴と一緒に冒険してるらしい(名前は忘れた)。それで、このフェルガナの誓いという章は、フェルガナという地方が呪いか何かで魔物が突如出現し、街からは一切出られなくなってしまったとか。なので主人公は、それを解決すべく、街の人のお使いも兼ねて奥地へと乗り込んでいくというわけだ。

システムとしては、3Dマップの中を2頭身の主人公が駆け回り、現れるモンスターを次々と剣などで倒していくというのが大まかな特徴。これがまた面白く、剣での攻撃は連続で7回も繰り出せ、それによってモンスターがノックバックする様は爽快感があり面白い。
また、通常の剣での攻撃の他に、宝石を装備して攻撃ボタンを押し続けるとゲージが上がり、ゲージが溜まった状態でボタンを離すとその宝石独特の攻撃が出来るようになる。これは非常に有用度が高く、ある箇所ではこれらを使って進む場所も見受けられる(まあ、そのために用意されたのだが)。

敵を倒すと、レベルアップ用の宝石?と体力回復のアイテムとお金をランダムに落とし、それを拾うことによって体力回復やレベルアップをする。当たり前だが、敵に強さによってその量が変わるので、後半に連れて敵が凄まじく強くなる代わりに、落とす諸々のアイテムの量もつり上がってくる。

街では色々店があり、欲しい装備品やアイテムを売ってくれるが、アイテムに関しては一度買った物の値段が上がる仕様。特に一度死んで再び甦らせてくれるアイテムは非常に高価で、最初でも中々手を出せない。
また、剣や防具なども売っているのだが、最初は需要があるものの、後半にタダで強力な装備を手に入れることが出来るので、2番目に強い武器や防具などは結局要らなくなって買うことが無くなってしまう。これに関しては少々欠点も言うべきか。

はっきり言えば、Diabloとシステムやゲーム内容が同じ。ただし、こちらはアクションRPGなので、クリックして単発で攻撃するよりは爽快感があるというところか。ちなみに、イースIは攻撃ボタンが一切無く、ただ的にぶつかるだけで倒したり倒されたりする仕様。

追記:後で調べたのだが、どうやらフェルガナの誓いはイースIIIのリメイクらしい。
スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL




copyright © pC GaMe rEViEw all rights reserved.
Powered by FC2ブログ
custamize&material by
http://flaw.blog80.fc2.com


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。