個人的にプレイしたPCゲームの、個人的な批評
page top
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
イース・オリジン 
イースシリーズにおける最新作。2006年12月21日発売。
自分は紹介したとおり、以前「イース フェルガナの誓い」をプレーしており、それにハマり今作の購入を検討した。

まだクリアをしてないが、一応触ってみた感じの感想を。

これはやはり上記の作品同様、「イースIV ナピシュテムの匣」のシステムの延長上にあり(自分はIVはプレーしてはいないのでよく分からないが)、3Dのパズル要素満載のマップ内を、敵を倒しながら進んでいくという内容。

主人公は今までの赤毛のアドルとは違い、女性キャラのユニカとあと一人男性キャラの二人のうちどちらかを選んでプレーすることが出来る。双方とも攻撃方法が異なり、リプレイ性に富んでいる(ユニカが近距離攻撃専門、男性キャラが遠距離専門らしい。自分はユニカの方しか触ってないので片方のキャラはよく分からない)。

ユニカでは、斧での攻撃は4連続まで入り、その後も隙が殆ど無いまま攻撃を繋げられるので、実質無限に入る。フェルガナでは、アドルの攻撃は7連続まで入ったのだが・・・。

このゲーム、新たにステータス上昇システムを導入した。これはSPというポイントを溜めて、セーブする女神像のご加護を受ける際に、溜めたポイントを使って自分のステータスを上げてくれるというシステムだ。これはかなり面白そうなのだが、SPポイントを法外に高く要求してくるので、今のところは使えそうも無い(後で溜まってくるのだと思うが)。

このゲーム、フェルガナ同様スピーディーなアクションRPGで、爽快感に長けているのだが、前作とは違い要求するスペックが若干高いように思える(自分のPCが古いのもあるが)。フェルガナでは最高スペックでもサクサク動かせたのに、こっちは最低スペックでも多少FPS落ちする。しかし進められそうも無くは無いので、とりあえず進めてみようと思う。 
スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL




copyright © pC GaMe rEViEw all rights reserved.
Powered by FC2ブログ
custamize&material by
http://flaw.blog80.fc2.com


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。