FC2ブログ
個人的にプレイしたPCゲームの、個人的な批評
page top
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
Unreal II The Awaking 
飛び交うショックランス

2004年初期に発売の対モンスターFPS。Unreal Tournament2004とほぼ同じバージョンのエンジンを使用しているので、当時としては突出して凄いというわけではないが、かなりクオリティは高かった。
つい最近、破格の$14.95で売られていたので即購入。発売当時は8,800円ぐらいしたと思うのに・・・。自分は当時のスペックでは手が出せる代物では到底無かったのでスルーしていた(今でもスペックはかなり低いのだが)。

このゲームは前に紹介したUnrealの続編に一応当たるのだが、何ら関連性は無い。主人公も前作ではただの囚人だったのに対し、こちらは海兵隊?だし。また前作にはストーリーというものはほぼ皆無で、一種のサバイバルゲームだったのに対し、こちらは仲間とのコミュニケーションやタクティクス行動、二転三転するストーリー展開など、ストーリー重視の戦略型ゲームになっている(固定砲台やエネルギーバリアみたいなアイテムもあるし)。

スピード感は前作に比べ明らかに無いが、その代わり背景や個々のオブジェクトのグラフィック、動きのシャープさが格段に向上している。また仲間のAIも賢く、自分が指示を出したとおりに動いてくれるので非常に頼もしい。敵のAIに関しては前作とほぼ同じというところか。スカーも前作と全く変わらない動きをするし(ただし氷上を滑るようなぎこちない動きは改善されたが)。

武器はUnrealからの継承は殆ど無く、Dispersion PistolとSniper Rifleぐらいか。後は大幅に変えられている。特にASMDがショックランスに置き換わり、エフェクトは似ているのだがコンボなどの概念が無く非常に残念だ。またDispersion Pistolに関してもパワーアップの概念は無くなっている。
個人的にU2で好きな武器はショットガンとシンクラリーキャノンか。ショットガンはプライマリ攻撃は普通なのだが、セカンダリ攻撃が面白い。というのは、セカンダリを当てると、弾の飛礫の攻撃の他に炎を与える効果があり、少量の飛礫が当たったとしても敵は全身炎上する。この炎が綺麗で、また炎上した敵は逃げ回るので実に面白い。
シンクラリーキャノンは最後に手に入る武器で、省略。
グレネードランチャーは、弾は多彩なものがあるのだが、どれも有用性に欠ける。あえて使うとすればEMP弾ぐらいか。ロボット系に大きなダメージを与えられる。

敵は前作のスカー以外全く新規に作成されている。ショックランスを持った生物、女性兵士、ロボット兵士等。またボス格の敵もいるのだが、広範囲への攻撃を得意とするものが多くなっている(ダメージ量は少ないのだが)。

このゲームは、時間の都合上か知らないが、マルチプレイを排除したものになっている。なので、マルチプレイを中心にやるFPSプレイヤーにはあまり受けが良くなく、それが影響して評価がイマイチだったというのがある(後にXMPという拡張パッケージが配布され、後に発売されたUT2k4の繋ぎとしてそこそこ遊ばれたようだ)。
個人的にはマルチで手痛い思いを何度もしているので(UT2k4の多人数搭乗ビークルで運転手になったときに散々迷惑を掛けた)、マルチは敬遠的でシングル中心に遊んでいるのでU2は非常に楽しめた。まあ演出などはやらされてる感があったのは確かだが。特に仲間との連携プレーは非常に面白かった。多分前作よりは数倍は楽しめたと思う(前作は投げ槍になりがちになってプレーしてたが、こちらは結構集中できた)。
スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示

和菓子・駄菓子・中華菓子
和菓子・駄菓子・中華菓子を探すなら http://www.stumpwaterrock.com/100227/509708/
no name | URL | 2008/09/27/Sat 16:07 [EDIT]

トラックバック
TB*URL




copyright © pC GaMe rEViEw all rights reserved.
Powered by FC2ブログ
custamize&material by
http://flaw.blog80.fc2.com


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。